ハリウッド女優お役立ちサイト

ハリウッド女優の伝説

ハリウッド女優、誰もがあこがれるハリウッドの女優ともなると、
いまや伝説的な存在になっている人も多く、その人生もまた映画や小説以上に
劇的な人もやはり多いですね。

ハリウッド女優の中でも特に伝説的な女優はグレース・ケリーでしょうか、
1956年にモナコ公国のレーニエ3世と結婚。

ハリウッドの一女優に過ぎなかった彼女が、
まるでシンデレラのように一国の王妃になると同時に、
王妃になるためにハリウッド女優としての地位をきっぱり引退。
人気絶頂の時の引退だけに、今でも人々の記憶に残っていますよね。

次に、ハリウッド女優の中での伝説的な存在は、
永遠の妖精のように語られているオードリー・ヘップバーンでしょうか。

「ローマの休日」(1953)の中でのオードリーは本当にキュートで、
今でもテレビのDMなどでそのカットを見ることがありますが、
本当に、永遠の妖精という表現がピッタリとはまる女優さんですよね。

それにしてもオードリー・ヘップバーンは、
第二次世界大戦の時には、球根を食べて飢えをしのいだり、
ナチスに追われたりと大変な苦労があったみたいですね。

ハリウッド女優になってからのすばらしい活躍はもう誰もが知るところですが、
1989年の『オールウェイズ』を最後に映画界を引退。

晩年はユニセフ親善大使に就任して、インドやソマリアなど世界各地で
貧しい人のための活動を行っていたようで、オードリー・ヘップバーンも
伝説的に語り継がれていくハリウッド女優の一人でしょうね。

スポンサードリンク