ニコール・キッドマン

次にお気に入りのハリウッド女優は、ニコール・キッドマンですね。

ハリウッド女優ニコール・キッドマンは、1968年6月20日、ハワイ州生まれで、
幼い頃からバレエを習い、10歳の時、自分の意志で演劇の世界に進む事を決めた
そうですね。その頃からハリウッド女優になることをイメージできていたので
しょうか?

ハリウッド女優ニコール・キッドマンは、14歳でオーストラリア映画デビューし、
1989年、ハリウッド進出。1990年には「デイズ・オブ・サンダー」で共演した、
トム・クルーズと結婚して、その後、養子をもらって母となったそうです。

ハリウッド女優ニコール・キッドマンは、「トム・クルーズ夫人」などという
前置きはいらないぐらい実力を持ったハリウッド女優ですよね。
「バットマンフォーエヴァー」に出演したニコールは妖艶で魅力的でしたね。
魔性の女役をやらせれば、天下一品ではないでしょうか。

ハリウッド女優、ウィノナ・ライダー

ハリウッド女優のお気に入りに入れたいのはウィノナ・ライダーですね。

ハリウッド女優、ウィノナ・ライダーは、1971年10月29日ミネソタ州の
ウィノナで生まれたので、その地名をとってウィノナと命名したそうですね。

ハリウッド女優ウィノナ・ライダーの本名は、ウィノナ・ローラ・ホロビッツ
というユダヤ系の名前ですが、どうも嫌っていたようで、
お父さんの好きなミュージシャン、ミッチ・ライダーから芸名をもらって
ライダーとみずから名付けたようです。

1986年に映画デビューし、1988年「ビートルジュース」でハリウッド女優として
注目を浴びるようになり、「シザーハンズ」で共演したジョニー・ディプと
1989年に婚約したものの3年後には破局を迎えたようですね。

「エイジ・オブ・イノセンス」と「若草物語」でオスカー候補となり
ハリウッド女優としての演技力も証明されたようです。

ハリウッド女優としての彼女の魅力は容姿だけでなく、
やはりオスカーにノミネートされるぐらいの演技力にあると思います。
日本では知名度が低いのが悲しいところです。

ハリウッド女優、メグ・ライアン

ハリウッド女優のお気に入りの中で、次に控えるのはメグ・ライアンですね!

ハリウッド女優のメグ・ライアンのプロフィールは、
1961年11月19日、米・コネチカット州生まれだそうです。

'86年の「トップガン」で注目を集め、'89年「恋人たちの予感」でチャーミングな
魅力で人気絶頂となり、ハリウッド女優としての地位を確保しましたよね。

'91年に「インナースペース」で共演した、デニス・クエイドと結婚!!!
あ〜〜!悔しいですね!
TVのCMに見とれてしまいます。

ラブ・コメディのヒロインを演じさせれば、ハリウッド女優の中では、
この人の右に出る者はいないとまで言われていいますよね。

ハリウッド女優としての彼女の魅力は、なんと言ってもキュートな演技と
チャーミングな顔立ちだと思います。

女性ファンもかなり多いみたいで、誰からも好かれるキャラクターですね。

ハリウッド女優としての彼女の今後がとても楽しみです。

ハリウッド女優、ジョディ・フォスター

ハリウッド女優の中でお気に入りは、なんといってもジョディ・フォスターです。

彼女のプロフィールを見ますと、
1962年11月19日、米・ロサンゼルス生まれだとか、まさにハリウッドの近くで、
ハリウッド女優になるべくして生まれたといった感じですね。

3歳でCMデビューして、8歳で映画に出演と、まさにハリウッド女優への道を
歩んできたといった感じがしますね。

'76年「タクシードライバー」の少女売春婦役でアカデミー賞候補となり、
'88年「告発の行方」、'91年「羊たちの沈黙」でアカデミー主演女優賞受賞。

監督・製作業にも進出して、
「リトルマン・ライト」、「ホーム・フォー・ザ・ホリデー」の2本を手掛けている
など素晴らしい経歴の持ち主ですよね。

ハリウッド女優の中でナンバーワンだと思うと彼女の魅力は、
どんな役でもそつなくこなす天性の才能でしょうか。知的で行動派の彼女には、
「羊たちの沈黙」のFBI捜査官の役は、適役ではなかったでしょうか?

それに、彼女の透き通るような”ブルーアイ”がたまらなく魅力的ですね。

ハリウッド女優、オードリー・ヘプバーン

ハリウッド女優の中でどうしても忘れられないのはオードリー・ヘプバーンです。

1993年1月20日、結腸ガンで亡くなり、死後10年以上経つ今でもテレビのCM
某銀行のポスターにと、いまでも多くのファンに親しまれていますよね。

ハリウッド女優としては、華奢で日本人に親しみやすい風貌ともあいまって、
『ローマの休日』や『麗しのサブリナ』で一躍有名になり、そのファッションも
憧れの的となったようですね。

そして、その人気が今も続いているということはすごいと思います。
写真展や、イベントなんかも開催されているみたいですね。

映画への出演はそんなに多くはないものの、『ローマの休日』では
アカデミー主演女優賞を獲得するなどで、ハリウッド女優としての地位を
確立しましたよね。

ところで、ヘンリー・マンシーニの名曲『ムーン・リバー』は、
オードリー・ヘプバーンをイメージして作曲したとか、これは驚きです!

1989年の『オールウェイズ』を最後に映画界を引退するのですが、
晩年はユニセフ親善大使に就任して、インドやソマリアなど世界各地で
貧しい人のための活動を行っていたようで、今でもテレビでその映像を見る
ことがありますが、なにか、マザー・テレサのようで頭が下がる思いですね。

ハリウッド女優、ルーシー・リュー

ハリウッド女優の中でのお気に入りは、ルーシー・リューですね。
以前、サントリーの発泡酒「ダイエット<生>」のCMキャラクターに、
起用されていたので、いつもテレビで見られて幸せでした。

ハリウッド女優のルーシー・リューは、
映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」「キル・ビルVOL.1」などに
出演し、ハードなアクションだけではなく、コメディやシリアスな演技まで幅広く
こなしていたので、日本でも人気のハリウッド女優ですね。

CMでは、愛犬とともに公園で、軽快にジョギングを楽しんでいるのですが、
池の水面をスイスイと走りだし、池のほとりを走る男性と並んだところで、
「ハイ!」と明るく挨拶するあれですね。

ルーシー・リューが、よそ見をしたばっかりにボートにぶつかり豪快に水中へ。
次のシーンでは、髪をなびかせながら、青空に向かって見せる爽やかな笑顔。
さすがハリウッド女優、この笑顔が最高でしたね。

最後に、ジョギングを終えて自宅に帰ったルーシー・リューが、
冷蔵庫の中にギッシリ詰まっている「ダイエット<生>」を取り出して、
おいしそうに飲むところは消費者心理をついていますよね。
さすがサントリー!